フライマテリアル エルクヘアの使い方と選び方まとめ

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はフライマテリアルのひとつエルクヘアについて書いていきます。

このマテリアルは、フライタイイングの基本パターンとして有名なエルクヘアカディスを巻く時に使われますが、今回は、ほかの使い方も紹介しておこうと思います。

エルクヘアとは

簡単に言うとシカの毛です。白っぽいカラーが使われることが多いですが、茶色がかったものや黒っぽいもの、毛の先端に向かって色味が変わるものなど様々なものがあります。

また、緑や黄色などに染色されたものも売られています。

エルクヘアは水面に浮きやすく、元々白系のものが多いため視認性が良いためドライフライのタイイングでは多用されるマテリアルとなります。

エルクヘアの選び方

用途によって若干選び方は変わるのですが、基本的には次のものを満たすものを選びましょう。

  • 毛が真っ直ぐなもの
  • 太くてしっかりしたもの
  • ツヤのあるもの
  • 不規則な流れのないもの
  • 上で示したのは基本の選び方ですが、エルクヘアをフレアさせたい時は、毛が柔らかく多少細めのものを選ぶ方がフレアさせやすいです。

フレアの状態のイメージ画像を貼っておきます。これはシケーダフライのボディを作った時のものを参考に持ってきています。

エルクヘアとディアヘア

エルクヘアと似たものにディアヘアがありますが、基本的にはどちらもシカの毛です。

ディアヘアの方がエルクヘアに比べて若干細く、一般的にはフレアさせやすいと言われていますが、実際のところは毛の質にもよるため、名前だけで分けるのは注意が必要です。ショップで手にとって確認できる時は必ず、毛質を見るようにしましょう。

エルクヘアの基本の使い方

基本の使い方はやはりエルクヘアカディスのウィング部として使用されることが多いです。通常、エルクヘアカディスといえば、白いナチュラルカラーのエルクヘアを選ぶのが定番ですが、茶系や黒といったカラーでも良く釣れます(ただし、視認性は若干犠牲になります)。

エルクヘアカディス以外の使い方の例

エルクヘアをカディスのウィング部以外に使う例を紹介しておきます。まず一つ目は、上でも載せたようにフレアさせてボディやヘッド部に使う方法です。シケーダフライマドラーミノーマドラーマラブーを載せておきます。

  • シケーダフライ

  • マドラーミノー

  • マドラーマラブー

次に、パラシュート部としてエルクヘアを使う例です。下の画像はクリップルダンというフライですが、パラシュート部にエルクヘアを使用しています。

  • クリップルダン

最後に、ダンやスピナーを巻くときのテール部として利用するパターンです。スピナーフライの画像を参考に載せておきます。

・スピナー

まとめ

今日はマテリアルのお話としてエルクヘアを取り上げてみました。タイイングの基本パターンであるエルクヘアカディスはもちろんのこと、すこしアレンジすることで様々なフライを巻くことができます。ぜひ色々挑戦してみてくださいね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です