【タイイング】カジカをイミテート マドラーミノー

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はストリーマーフライのひとつであるマドラーミノーのタイイング紹介です。

このフライは川カジカをイミテートしたものと言われていますが、パッと見は似てるかなー?というのが個人的な印象です。ただ、魚の目にどう映っているかはわかりませんが、ストリーマー系フライとしてはかなり優秀なフライで、良く釣れるんですよねー。

巻くのはちょっと手間ですが、好釣果が期待できるのであれば、たくさん準備しておきたくなるもの。頑張って巻いていきましょう。

ではタイイング紹介です。

マテリアル

  • フック : #10
  • スレッド : タン 6/0W
  • ウィング : ターキークイル ナチュラル
  • サイドウイング : スカーレットアイビス
  • テール材 : ターキークイル ナチュラル
  • ボディ材 : フラットティンセル ゴールド
  • ヘッド部 : ディアヘア ナチュラル

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、フックの後方にスレッドは移動しておきます。

ターキークイルを1対切り出し、フックにスレッドで巻きとめます。

ティンセルをテールの上に巻きとめます。スレッドをアイ側に移動したのち、ティンセルをボディとしてフックに巻きつけていきます。

ターキークイルをさらに1対切り出し、ウィングとして取り付けます。

次に、スカーレットアイビスを1対切り出し、フライの左右に取り付けます。これはアピールカラーとして入れているだけなので、なくても問題ありませんが、お好みで。

ディアヘアを切り出しヘアスタッカーで先を整え、フックに巻きつけフレアさせます。放射状にフレアするように力加減を調整してスレッドを絞りましょう。あまり強すぎるとスレッドが切れるので注意!

スレッドはこの時点でハーフヒッチを行って固定します。スレッドの結び目だけに接着剤を少量塗りしっかり固定します。その後、フレアしているディアヘアを球形にカットして完成です。

まとめ

今日はマドラーミノーのタイイング紹介でした。このフライは全体のバランスがちょっと取りにくいですが、なぜかこのフォルムでかなり釣れるので、巻き方は是非マスターしてほしいです。

イミテートしているものがカジカということもあってか、釣れてくる魚も大型なことが多いです。今回はフックサイズ#10で巻きましたが、#6くらいまでの大きいフライでも食ってきます。

使うときはボトムを這わすようにリトリーブしてみてください。根がかりには注意です!

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です