【タイイング】銀色が魚を魅了!? シルバーマーチブラウン

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はウェットフライのウェットフライのひとつシルバーマーチブラウンのタイイング紹介です。

湖や深さのある中~本流域で良く使われるフライで、大物の実績も高いフライです。

ボディ部にシルバーのフラットティンセルを使うのが一般的なこのフライですが、ティンセルをゴールドにしたり、ナチュラルカラーにしてみたりといろいろなバリエーションが作りやすいフライです。

ボディの材質やカラーを変えるだけでバリエーション分けできるのでいろいろやってみてね。ちなみに今回のフライでは、シルバーティンセルを切らしていたのでマイラーチューブで代用しています。

では巻いていきます。

マテリアル

  • フック  : #12
  • スレッド : タン 6/0W
  • テール材 : バーサーテール
  • ハックル材 : ヘンバック ナチュラル
  • ボディ材 : マイラーチューブ シルバー
  • ウィング材 : ターキークイル ブラウン

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、後方に移動しておきます。

バーサーテールを取り付け、余分はカットしておきます。

マイラーチューブを作りたいボディの長さで切り出し、中に入っている芯は抜いておきます。切り出したマイラーチューブをフックにかぶせるようにして、巻きとめます。

ヘンバックを1本取り出し、アイの手前に取り付け巻いていきます。適量を巻き終えたらフックの下側にハックルが出るようにスレッドを巻いて調整します。

ターキークイルを写真のように対で切り出します。

ターキークイルを合わせて、フックに取り付けます。傾かないようにしっかり巻き止めましょう。スレッドをハーフヒッチで止め、接着剤で固定して完成です。

んー、ウィングとハックルが同系色なのでイマイチ写真だとわかりにくいですね。。。ハックルは白系にしたらよかった。。。

まあ、こんな感じで巻いてみてね。

まとめ

いかがでしたか。ウェットフライはウィングをいかにボディに対して真っ直ぐ付けられるかがキモです。

慣れないうちはウィングが傾いたりしてなかなか上手く巻けないものですが、何度か巻いてるうちに慣れてきますよ。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です