【タイイング】一風変わったストリーマー Nスペシャル

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はちょっと変わったストリーマーフライを巻いてみたいと思います。その名もNスペシャル!名前はすごいですが、知名度的にはどうなのかな。。。あまり知られていないような気もするけど知る人ぞ知るフライです。

このフライはボディ材にフラッシュシェニールというマテリアルを使うことが多いのですが、こちらのマテリアルもあまり知られていないかな。

まあ、こんなフライもあるよということで、良かったら巻いてみてください。シルエットはウーリーバガーに似ていますが、フラッシュシェニールのキラキラが魚にアピールするので、普通のフライにスレた魚にはけっこう効果が出ます。ようはウーリーバガーのアピール度UP版くらいに覚えてもらえれば良いかと思います。こんなこと言ったら考案した人に怒られそう。。。

ちなみにウーリーバガーのタイイング紹介は下の記事で紹介しています。

【タイイング】ウーリーバガー

ということでタイイング方法を紹介していきます。

マテリアル

  • フック : #10
  • スレッド : ブラック 6/0W
  • テール材 : マラブーイエロー
  • ボディ材 : フラッシュシェニール オレンジ
  • ハックル材 : スペイコック オレンジ

スレッドも同系色で揃えた方が良いのですが、明るいカラーが無かったのでブラックで代用しています。ちなみに、フラッシュシェニールは下の画像のようなものです。

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、後方に移動しておきます。

マラブーを切り出し、フックに巻き止めます。マラブーはボリュームたっぷりで巻きましょう。

次に今回使うちょっと珍しいマテリアルであるフラッシュシェニールをフックに巻き止めます。スレッドはアイ側に移動しておき、フックに巻きつけていきましょう。

アイの手前にスペイコックを巻きつけて、しっかり巻き止めます。

最後にアイの手前でスレッドをハーフヒッチし、接着剤で固定して完成です。ちょっと頭でっかちですね。

今回はアピール重視で明るいカラーのものを巻きましたが、もちろんナチュラルカラーでまとめても問題ありません。

まとめ

フラッシュシェニールは初めて使うとなかなか取扱いが難しいマテリアルですが、フラッシュシェニールのキラキラが魚にアピールするので、通常のビーズヘッドマラブーやウーリーバガーに出ない時には試してみてください。

意外と大物が釣れるかも!

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です