【タイイング】半沈させて魚を誘う ハンピー改

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はハンピーを巻いていきたいと思います。このフライはテレストリアル系のフライですが、ボディに明るいカラーを使い、その上からエルクヘアをかぶせることで、浮力を持たせるフライです。

水中から見ると明るいカラーが映えるので、スレた魚に対しても効果を発揮しやすいフライです。

今回は通常のハンピーを改造してボディを半分沈め、魚の警戒心を少しでも下げてやろうという考えのもと、改造版のハンピーを紹介したいと思います。

では早速巻いていきます。

マテリアル

  • フック : #12
  • スレッド : タン 6/0W
  • テール材 : コックネック ブラウン
  • ボディ材1 : スーパーフロス レッド
  • ボディ材2 : エルクヘア ナチュラル
  • ハックル材 : コックネック ブラウン

タイイング

フックにスレッドを下巻きしていき、後方に移動しておきます。

コックネックのファイバーを切り出し、テールとして巻いていきます。

エルクヘアを適量切り出し、テールを止めている部分の上に巻きとめておきます。ちなみに今回は他のタイイングで出た端材を利用しているので、ちょっと見栄えが悪いですが、もったいないので使いまわしています。

余分なエルクヘアをカットし、ボディとしてフロスを巻きつけていきます。厚みが出るように巻くと良いです。

エルクヘアを折り返し、フロスに覆いかぶさるようにしてアイ周辺で固定し、余分なところはカットします。

アイの周辺にコックネックを巻きつけます。

スレッドはこの時点でハーフヒッチを行い、接着剤で固定してしまいます。

ここまでで通常のハンピーは完成です。が、ここで半沈するようにハックルの下側をカットします。

これでエルクヘア部分で浮くように改造できました。通常のハンピーを知っている人なら分かると思いますが、ハックルの量が少ないのがわかると思います。あまりハックルを多くするとモタッとした感じになるため、今回はシンプル目に巻いています。

まとめ

今日はハンピーのタイイング紹介でした。フライ自体にもっとボリュームを出してテレストリアル感を全面に押し出すのもありですが、スリムな形状も時にトラウトにアピールできる要素でもあります。

状況に応じた使い分けができるようにバリエーションは豊富に持ちたいですね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です