【タイイング】CDCカディス

Pocket

こんにちはキッカです。

今日は、CDCカディスのタイイング紹介です。
カディスいえば、エルクヘアカディスが有名ですが、CDCマテリアルを使ったものも良く使われます。

エルクヘアを用いるものに比べ、浮力は若干劣りますが、CDC特有のフワッとした材質から水面では流れを受けて、より虫っぽい動きをしてくれます。

CDCは水を含みやすいため、フロータント剤などを使用して、撥水性を高めて使う必要がありますが、効果の高いフライですので、フライボックスに入れておきたいフライです。

では巻いていきます。エルクヘアカディスをマスターしているなら、ウィングを変えるだけなので、それほど大変ではないと思います。

では巻いていきます。

マテリアル

今回のタイイングでは、ボディも作り込んでみます。ボディ無しでも良いのでお好みで。

  • フック : #14
  • ボディ : タシロニンフ ダブ ブラック
  • ウィング : CDCフェザー ホワイト
  • ハックル : コックネック グリズリー
  • スレッド : ブラック 6/0W

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、フック後方に移動しておきます。

後方部分にハックルを取り付けます。まだ巻きません。

スレッドにダビングワックスを塗り、ボディ材を付け、巻いていきます。アイの方に向かって巻いてください。

次にハックルをボディの上に巻いていきます。ハックルをアイの周辺で止め、余分なところはカットします。

次にCDCを適量とり、アイの周辺で止めます。CDCがフワッとなるように心掛けてください。

最後にスレッドをハーフヒッチで止め、接着剤で固定します。ハックルとCDCの長さを適当に調整して完成です。

まとめ

いかがでしたか。同じカディスパターンでもエルクヘアカディスとは見た目もアクションも一味違うため、同じパターンを見飽きた魚にもアピールします。

CDCはいかんせんフワッとしすぎているため、最初は思うように巻けないかもしれませんが、エルクヘアカディスの巻き方とほとんど同じ要領で巻けるので、何度もトライしてみてください。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です