【タイイング】夏はテレストリアル系フライで決まり ピーコックパラシュートビートル

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はテレストリアル系のフライであるビートル系フライを巻いていきます。

このフライはコガネムシなどの甲殻虫を模しているフライのため、それらの虫が出てくる夏に効果の高いフライです。

視認性を上げるためにパラシュートをつけておくと見失いにくくなるので、今回もつけておきます。

パラシュートをつけることで、視認性の向上とともに浮力の持続性も上がります。パラシュートありで、魚に見切られるようであれば、パラシュート無しのパターンを投げてみましょう。

では巻いていきましょう。

マテリアル

  • フック   :  #13
  • スレッド : ブラック
  • ボディ材1 : ピーコックハール
  • ボディ材2 :ターキークイル
  • ハックル材 : コックネック ブラウン
  • その他   :エアロウィング

タイイング

フックにスレッドを下巻きします。スレッドはアイとは逆側に移動しておきます。

ターキークイルを5~7ミリほどの幅で切り出して、フックに取り付けます。

ピーコックハールを2本取り出し、ターキーテイルと同じ位置に取り付けます。ここで、スレッドはアイ側に移動しておきます。

次にピーコックハールをフックに巻きつけていきます。甲殻虫っぽく丸みを持たせることを意識して巻いていきましょう。アイの周辺まで巻いて来たら、スレッドで固定します。

ターキーテイルを今巻いて来たピーコックハールの上にかぶせるようにしてアイの周辺で固定します。

パラシュートの部分を作っていきます。今回はパラシュートの向きを垂直ではなく水平に取り付けてみたいと思います。

こうすることで、水面からお尻の部分だけ水に浸かった状態を演出できます。

エアロウィングを1センチほど取り出して、アイの周辺に巻きつけます。

パラシュート無しのパターンを巻く時はこの工程は無くて良いです。

最後に、コックネックを巻いてスレッドで固定し、接着剤を塗布して完成です。ちょっとエアロウィングの量が多かったので少し整形しました。

ちなみに、ボディが水を含んでくるとパラシュートのおかげでフライが縦になります。

まとめ

いかがでしたか。

テレストリアル系のフライは、夏に本番を迎えるフライです。今回のパターン以外にも数多くフライボックスに入れておきたいフライですね。

黒系などナチュラルカラーを軸に、カメムシなどを模した緑系も揃えておくとよいと思います。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です