【タイイング】こんなフライでも釣れるかな?オタマジャクシフライ

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はオタマジャクシを模したフライを巻いていこうと思います。ちなみに何となく思いついたので巻いてみようという試みです。

世の中に正式なパターンとして存在しているかは不明ですし、思いつきで巻いていくので、キッカも使うのはこれからとなるフライです。

でも、キッカ個人の見解としては、夏場にはけっこうオタマジャクシがいるし、湖とかなら以外と釣れるんじゃないかなぁーと思ってます。

簡単に巻けるように考えてみたので、試してみてね。

では巻き方です。

マテリアル

  • フック    : #13
  • テイル材 : マラブー ブラック
  • ボディ材 : メルティシェニール ブラック
  • ウェイト材

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、ウェイトを取り付けます。ウェイトはスレッドを上から巻いてしっかりと固定します。

ウェイトを固定し終わったら、スレッドは後方に移動しておきます。

マラブーを使いオタマジャクシの尻尾を作っていきます。マラブーの量がどの程度がいいのかは試行錯誤してみないとわからないですが、今回は少し多めに使ってみます。

マラブーを取り出し、スレッドで巻き止めていきましょう。とりあえずマラブーは長いままつけておき、最後に長さを調整します。

スレッドで固定したときに反対側はありまりますが、ボディの下地として巻きつけてしまいます。

次にメルティシェニールを取り付け、同時にスレッドはアイ側に移動しておきます。

メルティシェニールをボディとしてフックに巻いていきます。丸いフォルムを意識して巻いていきましょう。アイの周辺でメルティシェニールを巻き止めて余分はカットします。

スレッドをハーフヒッチで止めて、接着剤で固定します。

最後に、尾の部分を好きな長さにカットして完成です。今回は現地で調整できるように2センチくらいの長さにしてみました。カットするときはシザースを使わずに、爪でむしりとるようにすると良い感じになります。

まとめ

今回は思いつきでオタマジャクシを模したフライを巻いてみました。

作ってみた感想としてはかなり簡単にできましたし、それなりにイケてるんじゃないかな。

オタマジャクシは底を這うように泳いでることが多いので、このフライもシンキングラインでボトムを狙ってみると良いかもです。

オタマジャクシが水深の深いところにいるかまではわからないですが‥

このフライで釣果が出たら追記していこうと思います。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です