【タイイング】パラシュートスパイダー

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はクモを模したフライを巻いていきます。クモにもいろんな種類がいますが、見た目は女郎蜘蛛のように足の長いものを模しているフライです。

巻き方はとっても簡単なので量産向きですが、比較的サイズが大きくフライボックスの容量を圧迫するので、まあ2本くらい入れておけば良いかなーという感じのフライです。

ライズがあるときに他のドライフライを見切られるときは試してみるといいかもしれません。

では巻いていきます。

マテリアル

  • フック : #12
  • スレッド : ブラック 6/0W
  • ボディ材 : ダビング ブラック
  • ハックル : コックネック グリズリー(太目のもの)
  • パラシュート部 : ドライウィング ピンク

タイイング

フックにスレッドを下巻きします。フックに対して下巻きの幅は5ミリ程度でOKです。

ドライウィングを取り付けます。

ドライウィングの根本に対してスレッドを水平に巻き、ドライウィングが垂直になるようにします。

スレッドにダビングワックスを塗り、ダビング材をからめてフックに巻いていきます。丸い形状を意識して巻いていきましょう。

コックネックをドライウィングの根本に取り付け、水平に巻いていきます。2周くらい巻いたらドライウィングの根本でしっかり固定します。

最後にドライウィングの根本でハーフヒッチを行って、接着剤で固定します。ハックルに接着剤がつかないように、ニードルなどを使って塗布しましょう。

ドライウィングの長さを適当にカットします。最後のひと手間として、コックネックの中央部分を爪と指の腹を使ってクセをつけてやれば完成です。

ななめ上からみるとこんな感じ。

まとめ

今日は簡単にまけるスパイダーフライの紹介でした。他のドライフライよりも水面での存在感が比較的大きいので、思ったよりも釣れることもありますし、早々に見切られることもあります。

状況によって使い分けが必要なちょっと難しいフライという印象をキッカは持っていますが、フライパターンは多い方が良いので、気が向いたら使ってみてください。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です