【タイイング】エッグヤーンを利用したマシュマロフライ

Pocket

今日はマシュマロフライのタイイング方法を書いていきます。

マシュマロフライはボディ部分に浮力が高いマテリアルを用い、丸いシルエットを作るフライです。

視認性に優れ、浮力も長時間維持されるため、初心者でも扱いやすいフライです。また、タイイングもそれほど難しくないため、量産にも向いています。

今回はボディ部分にエッグヤーンを使用したものを紹介していきます。エッグヤーンがエッグフライにしか使えないと思っている方必見の内容です。

では早速巻いていきましょう。

マテリアル

  • フック : #14
  • スレッド : タン6/0W
  • ボディ部 : エッグヤーン クリーム
  • レッグ部 : ヘンバック ナチュラル
  • ヘッド部  : ピーコック

タイイング

マシュマロ部の下準備から開始します。エッグヤーンを3センチくらい切り出し、ボリュームを調整します。

エッグヤーンの中央をスレッドで結び、接着剤で固定しておきます。接着剤が硬化したら、すれっどは結び目の根本でカットしておきます。ここまでで下準備は完了です。

フックにスレッドを下巻きしていきます。

さきほどのエッグヤーンを結び目で折り曲げ、フックを包むようにして、スレッドで固定します。

固定した位置にヘンバックを巻きつけ、フックの下側に来るように調整します。

アイの手前にピーコックを巻きつけます。

スレッドをハーフヒッチで止め、接着剤で固定して完成です。

マシュマロフライはボディ部にいかに空気の層を取り込められるようにフワッと作るかがキモになります。丸い形状と内部に空間ができるようにイメージして巻きましょう。

まとめ

今日はマシュマロフライのタイイング紹介でした。簡単に巻けて浮力も維持しやすいので、色んなフィールドで活躍します。

普通のフライに飽きたら巻いてみたい1本としてオススメです。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です