【タイイング】ハードシェルアント

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はアントフライのパターンのひとつであるハードシェルアントを紹介します。

アントの巻き方にも色々なパターンがあって、パラシュートだったりウィング付きだったり、またボディをダビング材やピーコックを使って巻くなど、実に様々です。

今回のハードシェルアントはボディを簡単にかつ本物に近い質感を出しちゃいましょうっていうフライです。

ハードシェルアントのボディはスレッドを巻いて、その上にトップコートを塗るだけなので、とっても簡単に巻けます。夏に活躍するフライが簡単に量産できるとあって良く巻かれるフライになります。

では巻いていきます。

マテリアル

  • フック : #12
  • スレッド : ブラック 6/0W
  • ハックル : コックネック グリズリー
  • その他 : ネイル用 トップコート

タイイング

フックにスレッドを下巻きします。

そのままスレッドを繰り返し巻きつけ、ボディ部の下地を作っていきます。

良い感じのシルエットになってきたら、ネイル用のトップコートを塗ります。ちなみにトップコートは100円ショップでも売られているので、入手しやすいアイテムになります。トップコートは薄く塗り、乾いたらまたその上から塗り重ねるようにすると良いです。

しっかり乾くまで待って、ハックルを巻きつけていきます。今回は単純に黒一色だとおもしろくないので、コックネックのグリズリーを使っていますが、黒で統一してもかまわないです。

コックネックをボディの中心付近に止め、2回転ほど巻きつけます。あまりボリュームを出さないのがコツです。最後にハーフヒッチを行って、ハーフヒッチ部を固定するために、少量だけトップコートを重ねておきましょう。ハックルについてしまわないように注意!これで完成です。

まとめ

今日はハードシェルアントを巻いてみました。簡単に巻けるうえにマテリアルも少量で済むので、量産向きのフライです。

アント系は夏に活躍するフライなので、量産できるのは嬉しいですよね。ボディ部に赤を入れたり、パラシュートを付けたり、いろいろな形に応用できるので、是非試してみてね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です