【タイイング】アダムスパラシュート

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はアダムスパラシュートのタイイング紹介です。このフライは夏から秋口にかけて効果が出やすいフライです。

アダムスパラシュートは特にこれといった虫をイミテートしているフライではなく、カディスやメイフライ、テレストリアルにも見えてくるちょっと変わったフライです。

ただ、いろんな見え方をするのでこのフライをパイロットフライとしているフライマンも多く、フライボックスには必ず入れておきたいフライと言えます。

ではタイイングをやっていきます。

マテリアル

  • フック : #12
  • スレッド : ブラック 6/0W
  • テール材 : バーサーテール
  • ボディ材 : タシロニンフ ブラック
  • ハックル材1 : コックネック グリズリー
  • ハックル材2 : コックネック ブラック
  • その他 : エアロウィング ピンク

タイイング

フックにスレッドを下巻きしておき、スレッドは後方に移動しておきます。

バーサーテールを5本ほど切り出し、フックに巻きとめます。動かないようにしっかりと固定しましょう。

先にパラシュート部を作ります。エアロウィングを2センチほど切り出して、フックに巻きとめます。

今写真のようにエアロウィングが2つに分かれているので、これを束ねて根本部分にスレッドを水平に巻きつけ垂直に立ち上がるようにします。

この根本部分に先にハックル材を取り付けておきます。コックネックのグリズリーとブラックを取り付けましょう。ファイバーの長さができるだけ同じものが良いです。

さて、スレッドをテール部まで移動し、ダビングワックスを塗ってダビング材を絡めつけボディとして巻いていきます。好みのシルエットになるようにうまく調整します。

次に、ハックル材をグリズリー、ブラックの順に巻いていきます。1本ずつ固定した方がやりやすいですが、同時に巻いてもかまいません。

しっかりとハックル材を固定したらスレッドをハーフヒッチで止め、少量の接着剤で固定して完成です。

タイイングのポイント

このフライを巻くときは、ボディのシルエットをいかに曖昧に作るかがポイントになります。ファジーなフライはここが微妙なところで難しいのですが、正直これといった形状は無いです。ということで、自分の好みのシルエットに調整しておけばとりあえずは良いと思います。

釣果を見て、いろいろと調整してみましょう。

まとめ

今日はアダムスパラシュートの紹介でした。色々な見え方ができるように曖昧さを含んで作らなければならないフライなので、ちょっとタイイングするときは悩むかも知れませんが、そもそもタイイングに完全に決まった形は無いので、オリジナルフライを作りやすい1本でもあります。

タイイング自体は悩ましいフライですが、使い勝手は抜群なので是非使ってみてください。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です