【タイイング】ライツロイヤル

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はドライフライのひとつライツロイヤルのタイイング紹介です。

このフライは主に初夏の渓流域で活躍してくれるフライで、サイズバリエーションを豊富にそろえておくことで、この1本でも1日釣りが可能というほど万能なフライのひとつでもあります。見た目でわかる方も多いと思いますが、ロイヤルコーチマンと形が似てますね。ロイヤルコーチマンとは何ぞやという方は下の記事をご覧ください。

【タイイング】ロイヤルコーチマン

ウィングにエルクヘアを使うので、基本的に浮力が高くドライフライとしての使い方が一般的ですが、エルクヘアが浮力を失った後も水中を引っ張り、ウェットフライとしての使い方も可能です。

ではさっそく巻いていきます。

マテリアル

  • フック : #12
  • スレッド : ブラック 6/0W
  • ボディ材1 : ピーコック
  • ボディ材2 : スーパーフロス レッド
  • ウィング材 : エルクヘア ナチュラル
  • ハックル材 : コックネック グリズリー

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、スレッドはフック後方に移動しておきます。

ピーコックを1本切り出し、フックにスレッドで固定した後、巻きつけていきます。

スレッドはアイ側に逃がしておき、フロスを巻いていきます。

エルクヘアを切り出し、ヘアスタッカーで先端を整えたらフックに巻きとめます。この時、エルクヘアが広がり過ぎないように力加減はほどほどにしましょう。エルクヘアの余分なところは巻きとめた根本でカットし、しっかりと固定します。

次にコックネックを1本、エルクヘアを固定しているところにスレッドで止め、巻きつけていきます。

最後に、スレッドをハーフヒッチで固定し、接着剤を塗布して完成です。

タイイングのポイント

ライツロイヤルを巻くときのポイントとしては、ウィング部分のエルクヘアの量と長さです。比較的小さくまとめることを意識して巻くフライですが、エルクヘアの量は若干多いくらいがちょうど良いです。ただし、長さはフックの前長よりも長くならないように注意します。

エルクヘアがあることにより、浮力を得ることと視認性が向上しますので贅沢に使いましょう。

まとめ

今日はライツロイヤルのタイイング紹介でした。個人的にはドライフライの中でもかなり優秀なフライで使いやすい部類に入るフライだと思っています。

冒頭でも書きましたが、サイズバリエーションを揃えておくとほんとにいろんな場面で活躍してくれるフライですよ。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です