【タイイング】カディスパラシュート

Pocket

今日はカディス系フライの派生パターンとしてカディスパラシュートを巻いていきます。

カディス系フライはエルクヘアカディスが有名ですが、今回のものはカディスのシルエットを有したものに、パラシュートを付けたパターンになります。

ウィングにエルクヘアを用いても良いのですが、今回はブラウンマラードを使って巻いてみたいと思います。もちろんエルクヘアを使っても良いので、その辺りはお好みで使い分けてみてください。

では巻いていきます。

マテリアル

  • フック :  #14
  • スレッド : タン 6/0W
  • ボディ材 : タシロニンフ ダビング モンカゲロウ
  • ウィング材 : ブラウンマラード
  • ハックル材  : コックネック ブラウン
  • その他 :  エアロウィング ピンク

タイイング

フックにスレッドをした巻きし、後方に移動しておきます。

スレッドにダビングワックスを塗り、ダビング材を絡め付け、ボディとして巻いていきます。

ブラウンマラードを適量切り出し,切り出したブラウンマラードをフックに取り付けます。

エアロウィングを1センチほど切り出し、フックに巻き留め、垂直に立つようにエアロウィングの根元をスレッドで巻き固定します。

コックネックをパラシュートの根元に巻き留め、水平に巻いていきます。

コックネックをパラシュートの根元でしっかり固定し、ハーフヒッチを行います。接着剤をパラシュート部分につかないように注意しつつ、ハーフヒッチ部に塗り込んでスレッドをカットします。

最後にパラシュート部の長さを調整して完成です。

まとめ

視認性と浮力に特化したパラシュートパターンは、渓流、湖、管理釣り場など様々なフィールドで使用できます。ただ、他の人も多用するパターンのため、見切られることも多いです。

そんな時には今回のように一風変わったパターンを選択するのも釣果アップのコツです。

ぜひ使ってみてくださいね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です