車中泊をするなら快適さを追求しよう

Pocket

こんにちはキッカです。

朝マズメ狙いで朝一から釣りをするために、現地に向けて夜中のうちから車を走らせ、到着したら来たるその時に向けて車の中で仮眠を取る人は多いと思います。いわゆる車中泊ってやつですね。

多くの釣り人はこれから始まる楽しい時間を前に、たとえ暑かろう(寒かろう)が、ちょっと寝心地が悪かろうがあまり気にする人はいないのではないかなと思います。

でもせっかくなら短い時間でもしっかり休んで、釣りに集中したいですよね。ということで、今日は快適な車中泊についてまとめてみました。

車内の寝るスペースを確保

まず第一に考えたいのは寝るためのスペース。シートを倒さずに座った状態で寝るのも良いですが、やはり横になって寝たいものですよね。特に短い時間しか寝られない仮眠などでは、限られた時間の中でぐっすりと眠りたいもの。横になって寝られることは非常に重要です。

車内の荷物を極力車の片側にまとめシートを十分に倒せる領域を確保できると良いです。最近の車ではシートを倒した時に平らにできるものもあるので、そういった車の方は是非その状態で使用したいですね。

寝具を揃える

ぐっすりと眠るために寝具は大切です。特に枕があるのとないのとでは大きな差が出ます。とはいえ枕を車に常備しておくのはちょっとという人は小さ目のクッションなどを積んでおくようにしましょう。

クッションがあまり好きでないというひとは、フェイスタオルなどを積んでおくと丸めて使えるので便利です。タオルはそのまま釣りの際に手を拭いたりするのにも使えるので、釣りを目的とした仮眠の場合はこちらの方が良いかもしれません。

また、冬場に限らず夜は意外と冷えることも多いので寝袋などがあると暖も取れて快適に寝ることが出来ます。社内で寝袋にもぐりこむのは若干大変なため、チャックを全開にすると1枚の布団のように使えるものがオススメです。

目覚まし時計は必須

車中泊を快適にするのは良いことですが、あまりに快適になってしまったがために寝過ごしてしまったのでは意味がありません。希望の時間にしっかり起きられるように目覚まし時計を準備しておきましょう。

サイズが小さく場所を取らないものが使いやすくて良いと思います。

各アイテムのオススメ品

ここで寝具に関して、オススメ品を何点か紹介しておきます。

まずは枕ですが、狭い社内で極力場所を取らないようにするため、使わないときは折り畳んでしまっておき、使うときに空気を入れて使うタイプが非常に使いやすいです。空気の量で硬さも好みに調整できるので使い勝手が良く、キッカもこのタイプを愛用してます。

【Naturehike】自動インフレータブル エアーピロー 車中泊 折り畳み 快適ネックピロー【3色】安眠枕 インフレータブル枕 首枕 機内 リラックス 飛行機 旅行用品 携帯枕 移動 出張安眠 快眠 空気枕 トラベル クッション 帰省

次に寝袋ですが、チャックを全開に出来るタイプを紹介しておきます。

ロゴス(LOGOS) 2in1・Wサイズ丸洗い寝袋・2 72600680

車中泊の注意点

最後に、車中泊の注意点を挙げておきます。一定の時間寝返りを打つことができない状態で過ごすとエコノミークラス症候群を発症する恐れがあります。

このエコノミークラス症候群は決して侮ってはいけない症例で、最悪死に至る危険もあります。多少長い時間寝る状態においては、時々身体を動かすなどして同じ姿勢を継続しないようにしましょう。

まとめ

今日は車中泊についてまとめてみました。今回挙げた内容がすべてではないですが、釣りまでの一時を楽しめるように色々工夫してみると面白いですよ。

良い釣果を上げるためにぐっすり休んで釣りに臨みたいですね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です