眩しさを軽減するだけじゃない! 釣りにおけるサングラスの役割

Pocket

こんにちはキッカです。

今日は釣りの必需品であるサングラスについて書いてみたいと思います。

釣り人の多くはサングラスを着用していますが、それは見た目に気を遣っているからではありません。

釣りにおけるサングラスは、場合によっては釣果に大きく影響を与える重要なアイテムです。

今日はサングラスをかけることの効果についてまとめていきます。

サングラスの種類と効果

始めにサングラスの種類について書いておきます。ここでは大きく2つに分けて説明します。

まず一般のサングラスについてです。この手のサングラスは見た目に重点を置くとともに、目に入る紫外線の低減を目的に作られているものが大多数です。

目に入る紫外線の量を低減する事で目の保護の役割を担います。

さて、ここからが本題になるのですが、釣りに使われるサングラスは、一般的にレンズに偏光レンズが使われているものが多いです。ここでは偏光サングラスと呼ぶことにします。

偏光サングラスは通常のサングラスに加え、散乱光をカット又は低減させる効果があります。

散乱光がカットされて何が嬉しいかというと、水面のギラギラした光をカットし、水中を容易に見ることができるようになります。

水面で様々な方向に散乱された光を偏光レンズで、特定の方向に補正することでこのように見えるわけです。

偏光サングラスをかけることのメリット

偏光サングラスをの効果について上で述べましたが、これを元に釣りにおけるメリットを考えてみましょう。

  • 目の保護

これについては通常のサングラスでも良いのですが、釣りでは必ず針を使っているため、キャスティング時や魚をタモ入れするタイミングなどで思いがけず針が顔を目掛けて飛んでくることがあります。

この時目に刺さったりしたら最悪失明に繋がりかねません。目を保護するという点でサングラスは非常に重要なアイテムです。

  • 逆光時の眩しさ低減

これも通常のサングラスでも満たせる内容ですが、釣りでは太陽に向かって釣りをしなければならないことが多々あります。

眩しさで目を細めての釣りは非常に難儀なものなので、眩しさを低減してくれることは大きなメリットです。

  • 水面のギラつきカット

偏光サングラスが最も効果を発揮する点です。水面のギラつきをカットできるということは、ドライフライやルアーのトップウォーターの釣りでは、フライやルアーを見失ってはいけません。

せっかくアタリがあっても瞬時にフッキング出来ず、バラしてしまう可能性が高くなります。

視認性を向上させるという点で偏光サングラスは、高い効果を発揮します。

また、水中に立ち入って釣りをする場合、足元の状況を把握できることは非常に重要です。石につまずいたり、コケに足を滑らせたり水中には危険が沢山あります。これらの危険を事前に察知し回避できることもサングラスを使う大きなメリットとなります。

特に流れの速い川などでは、足を取られて流されるといったことが少なくありません。最悪の事態に陥らないように自己防衛の観点からもサングラスの重要性を認識しましょう。

まとめ

いかがでしたか。今日は釣りにおけるサングラスの役割を簡単にまとめてみました。

見た目から入る人も多いと思いますが、釣りをするなら是非、偏光サングラスの活用を視野にいれてみてくださいね。

ではまたー

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です