ルアーに命を吹き込む ルアーアクションのお話し

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はルアーのアクションに関する内容をまとめていきたいと思います。

疑似餌であるルアーで魚を釣るためには、いかにルアーが魚の捕食対象として見られるかが重要です。

ルアーはそこにとどまっているだけでは、魚が食ってくることはまず無いと考えましょう。

なので我々釣り人はルアーに命を吹き込んでやり、ターゲットとなる魚に捕食対象として見てもらう必要があります。

ルアーを引っ張る動作をリトリーブと呼びますが、このリトリーブの速さやロッドの動かし方を変えることでルアーに様々なアクションを与えることができます。

アクションを与える方法は実に様々なものがありますので、この記事で各アクションの方法と効果についてお伝えしていきたいと思います。

これからルアーフィッシングを始めようと考えている方や、始めてみたけどまだまだ勉強中の方の参考記事になると幸いです。

リトリーブ

一定の速さでリールを巻き、ルアーを引っ張ってくるアクションの基本となる動作です。まずはこのリトリーブをしっかりできるようにしましょう。

リトリーブはリールを巻く速さで、異なる名前が付いています。

  • スローリトリーブ(低速)
  • ミディアムリトリーブ(中速)
  • ファストリトリーブ(高速)

最近のルアーは、単にリトリーブするだけでそれなりの動きをしてくれるように設計されているため、このリトリーブをマスターするだけでも十分釣りはできます。

同じ速さで引いてくるのもアリですが、時々リトリーブの速さに変化をつけるのもアリです。

ストップ アンド ゴー

一定の速度でリトリーブしてきたルアーを途中で止め、再びリトリーブを開始するテクニックです。ルアーを追ってきた魚にバイトするタイミングを与える他、周辺にいる魚にルアーを一瞬見せる効果もあります。

リトリーブの長さ、止める時間の組み合わせで様々な狙い方ができるので、色々と試してみましょう。

トゥイッチ

リトリーブ中にロッド先端を小刻みに震わせることで、ルアーに動きを与えるテクニックです。リトリーブの速さやロッド先端の震わせ方の強弱を変えることでルアーを変則的に動かすことができ、より魚へアピールすることが可能です。

リフト アンド フォール

水中にあるルアーをロッドを大きく持ち上げることで上昇させ、再びロッドを寝かして下降させるテクニックです。ルアーは水中で上昇と下降を繰り返す形となり、上昇時に魚へ動きをアピールし下降の時に誘いを入れる形となります。よって、一般的にアタリが出るのはフォールのタイミングとなります。

ロッドを寝かせるタイミングでリールを巻き、ラインのテンションは極力保つようにするのがコツとなります。

ジャーク

リトリーブ中にロッドを大きくしゃくり上げたりして、ルアーに大きなアクションを与えるテクニックです。基本的には、一定のリトリーブスピードを保ち、ロッドを一定のリズムで動作させる形となります。ジギングなどはまさにこの手法をとっており、ジャークの代表的な例です。

一定のリズムでアクションを与える方法の他、ストップアンドゴーとの組み合わせで、一旦魚に見せる・食わせる時間を作る方法もとれます。

まとめ

ルアーのアクションに関するテクニックはここに挙げた以外にもたくさんのものがあります。今日は初心者向けということで、基本的なルアーアクションをまとめてみました。

まずはここに挙げた基本の動作をマスターし、次のステップの足掛かりとしましょう。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です