【タイイング】メイフライ ライトケイヒル

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はメイフライ系のパターンであるライトケイヒルを巻きます。

メイフライとはカゲロウのことなのですが、実際のカゲロウを見たことある人ってどのくらいいるんでしょう?

キッカは一度だけ、釣りをしている時に腕にとまったのを見て、おーカゲロウだ!ってちょっと感動を覚えた記憶があります。

けっこう綺麗なカゲロウさんでしたよ。

さて、話を戻しますが、メイフライ系のパターンはどれもザ・フライって感じがして個人的にはとっても好きです。

キッカのブログでも今後、いろんなパターンを紹介していきたいと思ってます。

では、巻いていきます。

マテリアル

  • フック  :  #12
  • スレッド :  タン 6/0W
  • ハックル : コックネック グリズリー
  • ウィング/テール : ウッドダック レモン
  • ボディ : タシロニンフ モンカゲロウ

タイイング

フックにスレッドを下巻きします。

ウッドダックを適量取り出し、フックに巻き止めテール部を作っていきます。

次にスレッドにダビングワックスを塗りタシロニンフを絡めます。

絡んだタシロニンフごと、スレッドを巻きつけてボディを作っていきます。

次に再びウッドダックを適量取り出し、フックに巻き止めウィングを作ります。

さてここで、ウィングを立ち上げるように根元にスレッドを巻きます。

次にハックルを取り付け、ウィングの前後に巻き、アイ周辺で固定し余分はカットします。最後にスレッドをハーフヒッチで止め接着剤で固定して完成です。ちょっとバランスが悪かったかな。。。

まとめ

いかがでしたか。今日はライトケイヒルのタイイング紹介でした。馴れるまではちょっとバランスがとりにくいですが、何度か巻いているうちにうまく巻けるようになりますよ。

メイフライ系のパターンは本当に数が多いですが、これぞドライフライという形なのでキッカは気に入っています。このブログでも他のメイフライパターンも紹介していきたいと考えているので、期待してくださいねー

その中でもライトケイヒルは代表的なパターンのひとつなので、ぜひ巻き方を覚えてくださいね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です