海釣りするなら、まずはぶっ込み釣りをやってみよう

Pocket

こんにちはキッカです。

今日は海釣りのお話。海釣りの種類も数多くありますが、その中でも比較的簡単に始められるぶっ込み釣りを紹介します。

港などで釣りをするなら、そこまで遠投は必要ないので(狙う魚種にもよるけど)、子供と一緒に釣りをすることもできちゃいますし、場所によっては、車を降りてすぐに竿を出せるところもあるので、本当に始めやすい釣りだと思います。

そんなぶっ込み釣りの特徴を一つずつ挙げていきます。

釣りの対象となる魚

カレイやアブラコ、ソイなど基本的に色んな魚が釣れます。様々な魚種を狙う釣りを五目釣りと言いますが、ぶっ込み釣りはまさに五目釣りに適した釣りになります。

よくターゲットにしている魚以外を外道と呼んで嫌いますが、五目釣りを目的とするならばすべての魚がターゲットであり、外道が釣れたと嘆く必要もなくなりますよ。

どんな魚でもせっかく釣れて来てくれたのだから感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

時期に関して

時期によって釣れやすい魚が異なります。寒い時期に産卵のために岸寄りしてくる魚もいますので、冬の時期が釣れにくいなんてことはありません。

むしろ寒い時期の方が魚に脂が乗ってきますので、食べることを目的にするなら冬もなかなか良い時期です。

寒いのは辛いですが‥

年中いろんな魚が釣れる海釣りにはそんな魅力があります。

天候よりも潮の動きが重要

海釣り全般に言えることですが、満潮干潮の水位が大きく変動する日の方が釣れやすい傾向にあります。

潮が満ち引きすることにより、海中のプランクトンが移動し、それにより魚も動きます。

プランクトンを食べる小さな魚が動き、小魚を食べる大型の魚も動きます。これにより魚の活性が上がるわけです。

潮の動きを読むことは大切ですが、やはり天候や風も気にしなくてはいけません。

前日に雨が降っていたりすると川からの土砂の影響で水が濁りますし、風が強い日などは波が高くなり釣りになりません。

また、カンカン照りの日などは熱中症の危険もありますので、その辺も注意が必要です。

潮と天候が両方いい時は狙い目ですね。

揃える道具

ぶっ込み釣りに必要な道具はそれほど多くはありません。ここでは釣りをするための最低限の道具を紹介しておきます。

  • ロッド ・・・ 3.6~4.5メートルくらいの竿を使うのがスタンダード
  • リール ・・・ 3000~4000番程度が使いやすい
  • 仕掛け ・・・ いろいろあるが、最初は胴つき仕掛けかな
  • オモリ ・・・ 形状もいろいろありますが、30号くらいのオモリが最初は投げやすい

このほか、竿を立てるための三脚や魚を保管するクーラーボックス、ラインを切ったりする時に使うプライヤーがあると便利です。

仕掛けの説明

ぶっ込み釣りでよく使われるのは胴つき仕掛けというものになります。一本の糸から針が横方向に枝分かれしているような形となっている仕掛けです。

仕掛けの両端にはサルカンと呼ばれるものがついており、片方にはオモリをもう片方にはリールからくるラインを接続して使います。

釣具屋さんにいけば、数百円から売っています。蛍光玉が付いたものや見るからにアピール度が高そうなものまで様々ですが、初めて買うなら300円〜400円くらいのもので、気に入ったもので大丈夫です。

エサの種類

海釣りのエサとして代表的なものにイソメがありますが、もちろんぶっ込み釣りでも使えます。

イソメ以外にも海にいる生き物であれば、なんでもエサになります。何点か紹介しておきます、

  • 魚の切り身(サンマ、イワシなど)
  • 貝のむき身(アサリなど)

虫エサが苦手な人は、上のエサを使ってみるといいかもしれません。

釣り方

ぶっ込みという名前の通り、仕掛けを投げてあとは待つだけという、お魚任せの釣りです。ちょっとポイントを書いておくと、仕掛けを投げたあと、オモリが海底に着くと糸がたるみます。竿を置きリールをゆっくり巻いて、ラインがピンッと張るようにします。

糸が張っていないと魚が仕掛けをくわえた際、アタリがダイレクトに竿に伝わらず見逃してしまう可能性がああるためです。

魚のアタリとアワセ

ぶっ込み釣りでは、魚のアタリが竿先に出ます。竿先がビビッと引き込まれるような動きをすれば、魚がエサを咥えている可能性があります。

そんな時は、そっと竿を持ち、竿先をあおるようにしゃくります。タイミングが合えば、針が魚の口にかかるので、ラインをゆっくり巻いてきます。

何が釣れているかはお楽しみ!

簡単に道具を揃えるなら

一度も釣りに行ったことのない方だと、どんな道具を揃えて良いかわからないものです。そんなときはセットになってるものがオススメです。

最初は安価なものをそろえ、投げ方を練習して、慣れてきたら高価な道具を揃えていくのがいいと思います。釣り具セットを買えば、あとは仕掛けとオモリ、エサを揃えれば、すぐに釣りに行くことができますよ。

【堤防・サーフからの投げ釣りに】【振出 サーフセット】投げ竿4.2m 4000番リールのセットです☆5号150M糸巻済 25-420・投釣・ロッド・リール・投竿・投釣セット SEE【カレイ・キス・アイナメ・ハゼ・キュウセンペラ・アナゴ・ウナギ釣り等に】

価格:5,788円
(2018/2/9 00:18時点)
感想(0件)

まとめ

いかがでしたか。海でのぶっ込み釣りは、簡単に始められる釣りです。また、竿のサイズを小さくすれば、子供でも扱うことができるので、家族で釣りにも行けますね。

ぶっ込み釣りのいいところは仕掛けを投げたらあとはぼーっと竿先を眺め時間の流れを忘れることができる点だとキッカは思ってます。

普段のばたばたとした日常から離れて、たまにはゆっくりしてみるのもいいのではないでしょうか。

それに時期や場所が変わるだけで釣れる魚もガラッと変わりますので、かなり楽しめると思いますよ。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です