【釣行記】苫小牧西港→東港での夜釣り

Pocket

こんにちはキッカです。

2月9日の夜から10日にかけて釣りをして来ましたので記事に残しておきます。本当は川や湖に行きたいのですが、この時期はなかなか難しいですね。

コマイやソイ狙いで苫小牧の港を目指しました。

ちなみに釣果はイマイチの結果でした。久しぶりの釣行でしたので、期待していったのですが残念です。

では今回の釣行情報を載せていきます。みなさんの釣果に少しでも役に立てば幸いです。

釣行日情報

日時 : 2月9日 21:00 ~ 2月10日 3:30

天候 : 晴れときどき曇り

気温 : ‐3 ~ ‐7 (車の気温計)

場所 : 苫小牧 西港 → 東港

風量 : ほぼなし

釣行内容

21時に苫小牧西に到着。有名な釣りポイントであるため、5~6台の車がすでに釣り座を構えておりました。苫小牧は数日前にそれなりにまとまった雪が降ったため、足場は悪く、ところどころツルツルの状態となってました。

ほぼ全員がサビキ釣りだったので、恐らくチカ狙いでしょうか。最近、大チカが入ってきているという情報も耳にしましたし。

少しの間見ていましたが、釣れている様子はなかったので、とりあえず竿を出すことにしました。

キッカは今回、コマイ、ソイ狙いなのでぶっ込み釣りです。まずは2本で様子見で開始。

30分経ち反応ないため、エサを取り替えます。ちなみにエサはサンマの切り身を使用。その後、さらに30分待つも反応なし。

その間、遠くの方がサビキで1匹(おそらくチカ)上げていましたが、それ以外の方は釣れている様子はなかったため、場所移動することにしました。移動先は苫小牧東港です。西港からだと30分かからずに行けます。

さて、東港に到着すると、こちらもけっこう釣りをしている方がいらっしゃいました。まあ、有名なところなのでそんなものでしょう。ただ、到着したタイミングで2台ほどお帰りに。。。ちょっと嫌な予感。。。

とはいえ、移動してきてしまったので、とりあえずまた2本竿を出します。

ちょこちょこ小さなアタリはあるものの、なぜか全く乗らず。。。んー何が悪いのか。

アタリを逃さないように、竿を手に持ちアタリが来たタイミングでアワセをして、ようやく1匹目が乗りました!

ドンコ。。。あなたじゃないのよ。。。しかも小さい。。。

ドンコも食べると美味しいらしいけど、どうも食べる気にならんのです。

このあと、ドンコが立て続けに3匹釣れ、その後小さなソイがかかってくれました。ソイがいることはわかったので、期待大です。

でも深夜1時を回ったころから反応鈍くなり、時々アタリはあるものの相変わらず乗らず。。。さすがに体が冷え切ってきたため納竿。

久しぶりに魚の顔を見れたのは嬉しかったのですが、もう少し大きな魚が釣れてほしかった。

振り返り

ちなみに、この日は潮目がまったく動かない日だったので、ある程度の覚悟はしていたのですが、港の中であればあまり影響ないかなと思ったのが間違いだったようです。

まあ考えてみれば、港の中だって潮の満ち引きはあるわけで、影響ないわけがないのですが。。。

それにしてもとにかく寒かった。寒い時期にしか釣れない魚もいるのは分かっているのですが、早く暖かくなってほしいなと思う1日でした。

次はいつ行けるかな?次に行くときはもう少し良い釣果を報告できたらいいなと思っています。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です