【タイイング】ビーズを大量に使った簡単ストリーマーフライ

Pocket

こんにちはキッカです。

今日は大物用に使用できるストリーマーフライを簡単に巻いてしまおうというお話です。

ストリーマーは湖や海で多様されるフライですが、フライそのものも大型となり、巻くのも大変でかつマテリアルもたくさん使うというなかなか懐泣かせなフライでもあります。

でも、大型のフライはフライボックスに数本は入れておきたいものですよね。

ということで今日は、簡単に巻けちゃうストリーマーフライを紹介していきます。

マテリアル

  • フック : #10
  • スレッド : 赤 3/0W
  • ボディ : ビーズ ゴールド
  • テール、ウィング : スペイコック 赤

ビーズドは100均の手芸コーナーに行くとかなりの量が入って100円で売っているのでそちらを使うと経済的です。サイズがあまりないのが難点ですが。。。

手持ちに太いスレッドしかなかったため3/0なんてサイズを使っていますが、もう少し細いもので良いです。

タイイング

まずはじめに、フックにビーズを3個通します。

次にフックの後方にスレッドを下巻きし、スペイコックを適量むしりとってとりつけます。余分なところはカットします。

この時点で一旦スレッドをハーフヒッチで止め、接着剤で固定し、ビーズをスレッドにかぶせるようにします。

次にアイの周辺にスレッドを再度下巻きし、スペイコックを取り付け巻いていきます。

スペイコックが後方に流れるようにスレッドを上から巻き、ハーフヒッチで止め接着剤で固定して完成です。

やっぱりスレッドが太すぎてちょっと不恰好になってしまいました。。。

乾いた状態では、写真のような見た目ですが、水中でリトリーブすることで、赤いボディからゴールドビーズがちらちら見えるようになります。

今回は赤だけで巻きましたが、黒も混ぜるとまた一味違った感じになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

このフライはフックサイズを大きくすることで、トラウトだけではなく、サケやサクラマスなどにも使えます。簡単に巻けますし、いろいろなカラーを揃えておきたいですね。

ではまたー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です