【タイイング】ウェットフライの代表格 プロフェッサー

Pocket

こんにちはキッカです。

今日はウェットフライの代表であるプロフェッサーのタイイング紹介です。

このフライはソフトウィングタイプのウェットフライで、ウェットフライの特徴であるウィングをうまく作れない人にも比較的巻きやすいフライです。

有名なフライだけあって釣果もなかなかのもので、渓流のみならず湖などで大型の魚を狙うこともできます。

では巻いていきましょう。

マテリアル

  • フック :  #12
  • スレッド:  ブラック 6/0W
  • ボディ材 :  スーパーフロス イエロー
  • テール部 : スカーレットアイビス
  • ハックル材:  ヘンバック ナチュラル
  • ウィング材:  ブラウンマラード

タイイング

フックにスレッドを下巻きします。スレッドは後方に移動しておきます。

スカーレットアイビスを4、5本取りフックに巻きつけ、余分なところはカットします。

スカーレットアイビスを巻き止めた上に、フロスをスレッドで止めます。この時スレッドはアイ側に移動しておきます。

フロスを巻きつけてフライのボディを作ります。アイの周辺までフロスを巻いてスレッドで止めます。

ヘンバックをアイの周辺に巻きつけて固定します。余分はカットします。スレッドをアイ側からヘンバックに重なるように巻いてフックの下側に出るようにします。ちょっと写真がボケてわかりにくいですが、イメージで。。。

ブラウンマラードの写真のように切り出します。

両側のブラウンマラードを重ねて、フックに巻きつけます。この時、スレッドを輪っかにしてブラウンマラードを親指と人差し指でしっかり挟んだ状態で絞るように巻くとキレイに巻けます。

ブラウンマラードをしっかり固定して、ハーフヒッチをおこない、接着剤で固定して完成です。ちょっとヘンバックが長かったかな。

今回紹介したフライ以外に完成フライやマテリアルの購入には、フライ用品を広く扱うナチュラムさんでの購入がオススメです。【アウトドア&スポーツ ナチュラム】はこちらから。

まとめ

いかがでしたか。ウェットフライはウィングを作るのがなかなか難しいですが、ソフトウィングタイプであれば、比較的作りやすいです。

なかなか手間がかかるので量産には不向きなフライですが、実績の高いフライなので数本はフライボックスに入れておきたいですね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です