渓流釣りを始めたい人必見!述べ竿の選び方をまとめてみたよ

Pocket

川釣りを手軽に楽しみたいけど、ルアーやフライは難しそう。。。エサ釣りなら簡単かな?でも、竿の選び方がわからないし。。。今日はそんな疑問に答えていきたいと思います。

述べ竿はパッと見では、一本の棒なので、ルアーやフライと比較するとシンプルすぎて逆に何を基準に選んでよいか分からなくなる方も多いかと思います。

ということで、初心者の方向けに述べ竿の特徴と選び方について書いていこうと思います。

ターゲット(魚種)を決めよう

まず始めに釣りたい魚を決めましょう。渓流を代表する魚としてヤマメやニジマスがいますが、それぞれ大きくなった時のサイズが異なります。

ヤマメなら30センチ超え、ニジマスなら50センチ超えなど、大きくてもだいたいこのくらいの大きさにとどまります。中には例外もいますが‥

ちなみに湖などではさらに大きくなりますが、今回は渓流域に限定しておきます。

サイズの観点からもそうですが、パワーもヤマメよりはニジマスの方が引きが強いので、延べ竿にもパワーが要求されます。

逆にヤマメのアタリは小さいため、繊細なアタリも拾えるような性能が延べ竿に要求されます。

両者はトレードオフの関係にあるので、なかなか1本で全ての魚種用とはいきにくいですが、まずは何をターゲットにするかを決めると竿選びの指標になるので良いです。

フィールドと竿の長さ

川の大きさによって竿の長さを選択する必要があります。源流域のような川幅の狭いところでは竿も短く、逆に本流域のように比較的川幅のあるところでは、竿を長くする必要があります。

これもやはり1本でどのフィールドでも使えるようにするのは難しいので、行きたいと思うフィールドに合わせた長さを選択する必要があります。

状況にもよりますが川幅の3分の2から半分くらいの長さのものがあれば、ポイントはほとんど探ることができます。

竿の調子とは

述べ竿の固さ(竿のどの部分から曲がるか)の表現に、先調子、中調子、胴調子と呼ばれるものがあります。調子が良い、悪いといった意味で使われるものとは別の意味になります。

竿がどの部分から曲がるかでこの3つの調子に分けられています。

先調子のものはアタリが竿に伝わりやすいため、小型の魚を狙うのに適しています。初心者のうちは、先調子のものが扱いやすいと思います。

逆に胴調子のものはアタリの伝わりは鈍くなるものの大型の魚とやりとりするときなどは、竿をしならせてタメが効くため、大型の魚を狙う時はこちらの方が使いやすいです。

中調子のものは先調子と胴調子の特性を併せ持った竿となりますが、完全に良いとこどりは難しいため、先調子よりもアタリは取りづらく、胴調子よりも竿のタメは効きにくいです。とはいえ、先調子、胴調子の特性を持っているため、好んで使う人も多い竿となります。

高い竿と安い竿の違い

釣具屋さんに行くと同じ長さの竿でも価格はピンキリで、それこそ数千円程度のものから、数万円、数十万円といった超高価な竿まであることに気づくと思います。

それぞれ何が違うか、一番大きな違いはズバリ!耐久性と重量でしょうね。

高い竿ほど重量が軽く、耐久性も高いです。とはいえ、いきなり高い竿を買って破損した時のことを考えると精神的なダメージが大きいので、最初のでうちはそれほど高価なものは必要ないと思います。

オススメの竿

キッカの手持ちの竿はすべて10年選手で古すぎて、すでに同じものはないため、最初に持つにはという観点で3点ピックアップしたので紹介しておきます。

まず1本目はシマノ製の述べ竿です。手頃な価格で3WAY仕様のため、通常の渓流であれば、この1本で十分通用します。硬調(先調子の硬いもの)の竿ですので、アタリも取りやすく、最初の1本としてオススメです。

【6月1日限定! ポイント5倍【6月1日限定! ポイント5倍】シマノ 天平 ZA 硬調 53 (渓流竿)

価格:14,784円
(2020/6/5 00:02時点)
感想(1件)

続いて2本目はダイワ製の1本。61mと長いように見えますが、その重量はなんと150g。時代は進歩したんだなぁと実感せざるを得ない1本です。また、こちらは3WAY仕様(52m/57m/61m)と渓流域から本流域まで幅広くカバーできます。ちなみに竿の調子は中硬硬(先調子に近い中調子)とダイワ独自の調子となっています。

ダイワ 春渓 S中硬硬 61M・V (渓流竿)

価格:14,169円
(2018/6/19 00:11時点)

最後に3本目は、こちらもダイワ製の1本。上の2つに比べ、自重若干重く、長さ調整もできないですが、万能仕様なので、いろいろなターゲットに幅広く対応できるため、初心者が持つには適した1本となっています。

【渓流】【ダイワ】リバティクラブ 万能小継 硬調 53・Q【4960652902847】

価格:6,803円
(2020/6/5 00:22時点)


今回は自分が今買うならという基準で3本を上げましたが、これ以外にも色んな種類が見たい、他の商品を購入したいというときは、釣り用品を広く扱うナチュラムさんがオススメです。【アウトドア&スポーツ ナチュラム】はこちらから。

まとめ

いかがでしたか。今日は述べ竿の選び方をお伝えしてきました。世の中にはいろんなメーカーがあり、たくさんの釣り竿が売られています。

そのすべてを手に取って、自分に合ったものを見つけられると良いのですが、それはなかなか難しいもの。とはいえ高級な竿などは一生のものですので、自分に合った1本を見つけたいものです。

キッカも手持ちの竿は複数本ありますが、どれも思い出があり、今では手放せないものとなっています。ずっと記憶に残るような思い出を作ってくれるそんな竿に出会いたいですね。

ではまたー

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です