必須アイテム フィッシングプライヤーについて考える

Pocket

こんにちはキッカです。

今日は釣りをしていると絶対と言っていいほど必要になるアイテム、フィッシングプライヤーについての記事です。

世の中にたーくさんの種類があるプライヤーですが、もうどれを買っていいのか本当に迷いますよね。

ということで、プライヤーの選び方についてちょっと書いていこうかなと思います。ちなみにキッカはシマノさんのプライヤーを使ってるので、これを使って各部の役割も合わせて紹介していきます。

フィッシングプライヤーとは

最初にフィッシングプライヤーとはなんぞやってことについて簡単に書いておきます。

フィッシングプライヤーはラインを切ったり、オモリを潰したりしてくれるアイテムです。釣りをする上で必要な機能を1つのツールとしてまとめたものですね。

釣り人にとっては欠かせないツールとなっており、色んな材質、形状のものが多数存在しています。

次の項からはフィッシングプライヤーの機能や性能について見ていきたいと思います。

各部の名称と機能

フィッシングプライヤーの各部の名称とそれぞれの機能をまとめておきます。下の写真はキッカが愛用しているシマノ製のライトプライヤーです。

  • ラインカッター

その名の通りですが、ラインを切る部分です。釣りをしているとラインを切るという動作はかなり頻繁に行われるので、非常に重要な部分です。

  • スプリットリングオープナー

ルアーと針を連結するスプリットリングを開く部分です。これがあることによりリングを開く時に苦労せずに作業できます。

  • 針外し

ペンチ部分になっているところを針外しと呼びます。ルアーのトリプルフックなど、直接手で掴むのが危険な場合や魚に針を飲まれた時などに使う部分です。

  • ノーズ

先端部の形状のことを指します。先端部が曲がっているベントノーズタイプと真っ直ぐなストレートノーズタイプがあります。

  • ガン玉外し

写真のシマノ製プライヤーにはありませんが、ガン玉をラインから取り外すときに使います。ガン玉をラインから取り外したいということはけっこうあって、そういった時にこの機能があるととても便利です。

プライヤーに求めたいこと

ここからはフィッシングプライヤーに求めたい性能面での話をまとめていきます。まず重視したいのが耐久性です。釣りの内容によっては海でも使われるため、海水によって錆びる可能性があります。材質はステンレスなどの錆びにくいものが良いです。

次に考えておきたいのがサイズです。フィールドや対象魚によっては求められる大きさはまちまちですが、やはりコンパクトであることに越したことはないので、自分の釣りで使いやすいサイズを選びましょう。

3つ目は刃こぼれのしにくさです。お安いものはやはり刃こぼれしやすく、ここぞという時にラインが切れなくてイライラするので、あまり安価なものを買うのはちょっと危険です。

4つ目は重量です。ゴツいものは耐久性はあるものの、その分重量もあるので持ち歩きに影響が出ない範囲で選ぶようにしましょう。

オススメのプライヤー

ここからはオススメの製品を3つ紹介しておきます。

まずはキッカが愛用しているシマノ製のライトプライヤー。最小限の機能でコンパクトで使いやすく、最初の1本としてもオススメです。パッと見はコンパクト過ぎて耐久性のことを気にするかもしれませんが、キッカは5年以上使ってますが今でも問題なく使えてます。さすがに5年以上となると少しラインカッターが切れずらくなってきていますが。。。

シマノ(SHIMANO) CT-941R ライトプライヤー ブラック 61070【あす楽対応】

価格:1,789円
(2018/6/22 23:50時点)

次に紹介するのは同じく、シマノ製のパワープライヤー。ライトプライヤーではやっぱり心もとないと思う方、比較的魚の大きい海での使用を考えている方はこちらプライヤーがオススメです。ライトプライヤーに比べて、その名の通りパワー重視のプライヤーとなっています。

シマノ(SHIMANO) CT-562P パワープライヤー ベント 185mm ブラック 46274

価格:3,099円
(2018/6/22 23:57時点)

最後はダイワ製のアルミプライヤー。3本の中では最も大きいのですが、とある釣り具店で見かけて一目ぼれしてから、ずっと欲しいプライヤーです。機能・性能に加え、見た目もかなり良い。なかなか出が出ないのは、ちょっとサイズが大きい点。。。大は小を兼ねると言うし、次は買ってしまおうかな。。。

ダイワ(Daiwa) アルミプライヤー 200H ロック 20cm ガンメタ×ブラック 07752502

価格:3,956円
(2018/6/22 23:54時点)

安く代用品を揃えるなら

最初のうちはなかなか本格的なフィッシングプライヤーには手が出せないこともあると思うので、代用品を挙げておきます。

価格重視で考えるのであれば100円ショップで売られているニッパとラジオペンチを1本ずつ揃えておけば、とりあえず代用できます。

最初のうちは代用品で対応しておき、色々なフィッシングプライヤーを見て欲しいものを購入するのもいいと思います。

プライヤーと合わせて揃えたいアイテム

フィッシングプライヤーはとにかく使用頻度が高いため、毎回カバンやポケットにしまうとけっこう不便です。この問題を解消するためにキッカを含め多くの釣り人は、リールホルダーを使っています。

キッカはリールホルダーもシマノ製です。お手頃価格で使いやすく、かつ邪魔にならないように比較的小さいものを選ぶと良いです。

使う人を選ばないシックな色合いの商品リンクを載せておきます。

shimanoピンオンリール PI-021H スモークグレー /メーカー[シマノ SHIMANO]

価格:982円
(2020/6/5 00:08時点)

まとめ

フィッシングプライヤーは釣りをする上で必要不可欠なアイテムと言えるので、是非自分に合った1本を見つけてみてください。

ではまたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です