【タイイング】妖麗なウェットフライ アレキサンドラ

Pocket

今日は見た目も美しいウェットフライのひとつであるアレキサンドラのタイイング紹介です。

このフライを初めて見た時の感想はなんじゃこりゃという印象を持ちましたが、キレイな見た目は魚だけでなく人も魅了するフライです。

魚の目にはどのように映っているのかはわかりませんが、虫が羽化する様子を模しているウェットフライとはちょっと違った見え方で魚にアピールしているのがこのアレキサンドラではないかなと思っています。

一応、テレストリアル系をイミテートしたフライと言われています。コガネムシとかかな。

ではタイイングの紹介をしていきます。

マテリアル

  • フック : #14
  • スレッド : ブラック 6/0W
  • テール材1 : ダッククイル レッド
  • テール材2  :ピーコックブルーネック
  • ボディ材 : ゴールドティンセル
  • ハックル材 : ヘンバック ナチュラル
  • ウィング材 : ピーコックソード

タイイング

フックにスレッドを下巻きし、後方に移動しておきます。

ピーコックブルーネックを適量切り出し巻き留めます。

ボディに巻き付けるゴールドティンセルを巻き留めます。スレッドはアイ側に移動しておきます。

ティンセルをフックに巻きつけて、アイの手前2ミリくらいのところで固定します。

あまりキレイじゃないですね。。。
気を取り直して、ヘンバックを巻き付けてフックの下側に向くように調整します。

ピーコックソードを5~7本くらい対になるように切り出しアイの手前に取り付けます。ピーコックがふわっとなるようにうまく巻きつけましょう。

ダッククイルを1ミリ幅くらいで、これも対となるように切り出して写真のように巻き留めます。

ハーフヒッチを行なってスレッドを止め、接着剤で固定して完成です。

とっても色鮮やかなアレキサンドラの完成です

まとめ

ピーコックの美しさを全面に出したフライとなっています。とってもオシャレなフライですね。ピーコックの量を増やしすぎると、モタっとした重たい感じになるのでバランスが重要です。

ではまたー

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です